当院はご予約の方を優先しておりますが、完全予約制ではありません。〈WEBより簡単にご予約頂けます〉

MENU

一般婦人科

General gynecology

General gynecology一般婦人科

女性には女性特有の様々な症状があります。月経異常など、気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

月経痛、下腹部痛

月経痛、下腹部痛

月経直前から月経中に、主に下腹部や骨盤周辺に感じる痛みです。痛みの種類も強さも個人差が非常に大きく、まったく生理痛の出ない人もいます。日常生活に支障が出るほど痛みがひどいケースを月経困難症といいます。

月経直前になると、子宮内膜でつくられる生理活性物質、プロスタグランジンの分泌量が急激に増えます。子宮の収縮を促して経血を排出する働きをするのですが、分泌が多すぎると下腹にキリキリした痛みなどが出ます。また、血管を収縮させて腰痛や冷えを招くことがあり、吐き気や肩こりを訴える人もいます。
月経後半にはプロスタグランジンの分泌は減りますが、骨盤周辺の血液の流れが悪くなり、鈍痛や腰周辺の重さを感じやすくなります。

生理痛は、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気が原因になることもあり、月経困難症の場合はこれらの病気が隠されていることも考えられますので、早期の受診をお勧めします。

月経困難症

生理が重い、生理痛がひどい等よく聞きますが、これらを月経困難症といいます。月経の際に日常生活に支障をきたしたり、寝込んだり鎮痛剤を必要としたりする場合を指します。
この痛みの程度は人により異なり、下腹部痛・腰痛、頭痛、・嘔吐、失神までいくことがあります。

月経不順、無月経

  • 突然前触れもなく生理が来なくなってしまった
  • 間隔が伸びて次の出血が始まるか検討がつかない
  • 生理なのか不正出血なのが判断がつきにくい

など、月経に関する様々な不安をお持ちの方は少なくありません。
排卵に問題があるケースもありますが、他にもストレス、過労、肥満、無理なダイエットなどの心身共に変化が加わると、ホルモン分泌がアンバランスとなります。

月経不順(続発性無月経)を検査する方法としては、内分泌検査、基礎体温測定、画像診断、ホルモン負荷テスト等が挙げられます。

生理周期が長い場合

生理周期が39日以上と長い場合は、脳からのホルモン分泌の指令が乱れて、卵胞の成熟が途中で止まり、そのまま排卵していないことが考えられます。
卵胞が排卵すべき時期に排卵しないで維持されると、エストロゲンが分泌されます。その為、生理が始まるべき時期を過ぎても、子宮内膜は厚み増し続けます。そのうち厚みの限界を超え、子宮内膜の出血が起こる原因となります。

生理周期が短い場合

生理周期が24日以内と短い場合も、脳からの指令にトラブルが起こり、卵胞が成熟しないまま、排卵をせずに衰退してしまう無排卵月経の可能性があります。 この場合、エストロゲンの分泌が早い段階で減ってしまい、子宮内膜が増殖を続けることができません。その為、早く出血が始まってしまいます。

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)

生理前に起こる様々な体調トラブルの総称です。症状を自覚する時期には個人差があります。排卵時期から生理開始まで体調不良が続く方もいれば、生理開始の前日に少しだけ症状がある方もいます。主な症状は大きく2つに分かれます。下腹部の痛みや膨満感、乳房の痛み、肌トラブル、むくみ、頭痛、めまい、肩こりなどの身体症状と、イライラや情緒不安定、憂うつ感、注意力の低下、睡眠障害といった精神症状です。
これらの症状は、ホルモンバランスと脳内物質の変化に深く関係しているといわています。

プロゲステロンが増える

排卵が終わってから生理が始まるまでの約2週間、プロゲステロンという女性ホルモンが増加することでPMS症状が起きるといわています。

セロトニンが減る

精神的なPMS症状は、セロトニンという物質が減ると起きやすいとされています。セロトニンは喜びや幸せを感じる脳内の物質です。気持ちのコントロールに欠かせないものです。
平均して「生理の7日前~生理前日」頃に症状が表れる方が多いと言われています。

体の症状

  • 胸の張り・痛み(胸が硬く張る、胸に痛みが生じる)
  • 腹痛・腰痛(下腹部や腰が重い、何となくお腹や腰がだるい)
  • 眠気(日中に強い眠気に襲われる、夜しっかり寝ているのにだらだら眠気が続く)
  • 肌荒れ(生理前になるとニキビ・吹き出物が出来る、肌がかゆくなる)
  • 頭痛(脈にあわせてズキズキ痛む、頭が締め付けられるように痛む)
  • 食欲が増す(食べても食べてもお腹が空く、無性に甘いもの、脂っこいものが食べたくなる)

精神的な症状

  • イライラ(なんだかイライラする、感情的になる、周りの人に当たってしまう)
  • 憂鬱感(すべてにおいてやる気が出ない、ぼーっとしてしまう、気分に波がある)
  • 情緒不安定
  • 集中力の低下
  • 悲観的になる

異常帯下

「帯下」とは一般的に「おりもの」と言います。膣や子宮からの分泌物が膣外に流れ出してくるものの総称です。
※ただし生理前の14日前後のおりものの量の増加は病気ではありません。

  • 普段より量が多い
  • 灰色、緑色、黄色など色があったり、白いかたまりなど状態の変化がある
  • 膣にかゆみやヒリヒリとした痛みを伴う

思春期外来

小児から20歳くらいの方々の産婦人科の病気をみます。ときには薬を使い、ときにはカウンセリングを行い各々によって対応は代わります。 体の成長にともない、特に女性の思春期で最も特徴的なことは月経(初経)です。

  • 周りは初経が始まっているのに自分は中々初経が来ない
  • 一旦始まった月経が3ヶ月以上も止まってしまった
  • 月経が長期的に続く
  • 月経痛がひどい
  • 月経の周期がバラバラなど

ご心配な方は一度ご相談ください。

更年期外来

日本人の女性の平均的な閉経時期は50歳くらいといわれ、この前後5年間ほど、約10年間を更年期といいます。この時期は女性ホルモンが減少していき、それに伴い、個人差はありますがさまざまな症状が現れます。これが更年期障害です。最近は、早ければ30代後半から症状が現れるプレ更年期も問題になっています。

代表的な症状が、ほてりやのぼせ、発汗が多くなるホットフラッシュです。頭痛や腰痛、不眠のほか、動悸が激しくなったり倦怠感を覚えたり、イライラして怒りっぽくなったりすることもあります。いずれも、女性ホルモンの減少が招く自律神経の乱れが原因とみられます。また、この時期は女性にとって、子どもの独立や夫の退職と重なったり、親の介護などが必要になったりする時期でもあり、こうした環境の変化が症状を重くするとも指摘されています。
適度な運動をしたり気分転換を図ったりするなどセルフケアで対処する他、症状が重ければ、ホルモン補充療法や抗不安薬の投与などの治療法があります。

気になることなどございましたら、ご相談ください。

性感染症(STD)

性感染症とは性行為を介して感染していく病気で、STD(Sexually Transmitted Diseases)とも言われます。
ひとくちに性感染症と言いましてもいろいろな病気があり、その主なものには、次のような疾患があります。

クラミジア感染症

病原体はクラミジアトラコマティスで、性的接触による粘膜同士の接触で感染します。潜伏期間は1~3週間です。
症状としては、男性では排尿時痛や尿道掻痒感が生じますが、女性では症状が軽く、無症状のことも少なくありません。診断は性器や尿道からの分泌物や尿、口腔内からの抗原検出や核酸検査(PCR)で行います。

治療には抗菌薬(マクロライド系、ニューキノロン系が中心)を使います。放置すると不妊、流産・死産の原因になることがあります。

性器ヘルペス感染症

病原体はヘルペスウイルスで、性的接触による皮膚・粘膜の病変との接触で感染します。潜伏期間は2~10日です。症状としては、性器の痒み、不快感の後、水泡、びらんが生じます。診断は病変部からのウイルス分離、抗原検出や核酸検査(PCR)で行います。治療には抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル、バラシクロビルなど)を使います。

放置するなどは痛くて出来るものではありませんが、放置しても2~4週間で自然に治ります。ただし再発を繰り返すことが少なくありません。
発熱がある場合には、脳・脊髄への感染の可能性もあるので、早めの治療が必要です。

梅毒

病原体は梅毒トレポネーマで、性的接触による皮膚や粘膜の病変との接触により感染します。潜伏期間は約3週間です。
症状としては、感染部位(性器、口など)に赤色の堅いしこりやただれができ、近くのリンパ節が腫れます(第1期)。その後3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠などの全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れ(第2期)、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒されます(第3、4期)。診断は病変部の病原体を確認(顕微鏡観察)するか、あるいは血液による抗体検査で行います。

治療には抗菌薬(主としてペニシリン系)を使います。放置すると第1期から2期、3・4期へと徐々に進展します。精神神経異常、死に至ることもあるほか、母体の感染により、出生児が先天梅毒になることがあります。

淋病

病原体は淋菌で、性的接触による粘膜接触で感染します。潜伏期間は2~7日です。症状としては、女性ではおりものや不正出血が見られるか、あるいは症状が軽く、気づかないことも少なくありません。咽頭や直腸への感染もありますが、自覚症状が無く、気づきにくいものです。診断は性器、尿道からの分泌物や口腔などから病原体分離培養、あるいは核酸検査(PCR)で行います。

治療には抗菌薬を使いますが、各種の抗菌薬に対して耐性率が高くなっています。放置すると不妊の原因になることがあるほか、感染した母体から出産した新生児が淋菌性結膜炎になることがあります。

カンジダ腟炎

病原体はカンジダ属の真菌(カビの仲間の総称)です。性的接触により伝播することがありますが、発症するとは限りません。カンジダ膣炎は、免疫力にも関係があります。妊娠中、風邪をひいたとき、疲れた時など、性行為とは関係なく発症することもあります。

潜伏期間は定まっていません。症状としては、女性では外陰部の痒みとおりものの増加が見られます。診断は顕微鏡観察等による病変部からの胞子や仮性菌糸の検出や病原体の培養によって行います。治療には抗真菌剤の腟錠や軟膏・クリーム、経口薬を使います。放置すると症状が継続したり、再発・再燃を来たしたりします。
温泉・プール・入浴時に他の人に感染させることもありますので、治療しておいたがいいでしょう。

尖圭コンジローマ

病原体はヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い。子宮頸がんを発症しやすいのは16型、18型)で、性的接触による皮膚や粘膜の病変との接触です。潜伏期間は3週間~8ヶ月です。
症状としては、性器・肛門周囲などに鶏冠様またはカリフラワー様の腫瘤が出来ます。診断は、病変部の形態の観察、病原体の核酸検査(PCR)で行います。

治療は切除、レーザー、クリーム(イミキモドクリーム)などで行います。放置した場合、20~30%は3ヶ月以内に自然治癒します。

ケジラミ症

病原体はケジラミです。性的接触による陰股部、陰毛との直接接触が多いのですが、衣類・寝具などを介する間接的感染もあります。潜伏期は不定ですが、1~2ヶ月が多いようです。
症状としては寄生部位(主に陰股部)の強い痒みです。診断は皮膚・陰部・毛髪などの虫体や卵の確認で行います。

治療は剃毛するか、フェノトリンパウダーあるいはシャンプーを用いて行います。放置すると、症状の継続あるいは悪化を来たします。放置しても治ることはありません。

性感染症が疑われる症状

次の症状がある場合は、性感染症が疑われます。躊躇させずに早めに受診してください。

  • おりものの量が増加した
  • 性器の痒みがある
  • 性器のにおいが気になる

卵巣腫瘍

左右に一つずつある卵巣にできる腫瘍です。卵巣は通常2~3センチの大きさですが、卵巣腫瘍は30センチを超えることもあります。小さなうちはほとんど症状が出ませんが、大きくなるにつれ下腹部痛やお腹が出てくるといった症状が現れ、ときに激痛に襲われることもあります。

卵巣腫瘍の約90%は良性の卵巣嚢腫です。命にかかわるものではありませんが、一定以上の大きさになれば摘出するのが一般的です。
悪性腫瘍に対してはできるだけ早期に手術し、ほとんどの場合、術後に抗がん剤治療を行います。卵巣腫瘍は抗がん剤が効きやすいとされます。

子宮筋腫・腫瘍

腫瘍には良性と悪性があります。悪性腫瘍はがんのことで、周辺の組織に浸潤して破壊したり他の臓器や骨などに転移したりしますが、良性腫瘍は浸潤も転移もなく、すぐに命を脅かすものではありません。

子宮にできる代表的な腫瘍が、良性の子宮筋腫です。エストロゲンという女性ホルモンによって大きくなるもので、30代以上の女性の20~30%にみられます。できる場所によって症状は違いますが、共通しているのは経血量が増えることと月経痛です。子宮内部にできると、小さくても症状が現れます。大きくなると不妊や流産を招く恐れがあり、腫瘍が尿道を圧迫して頻尿になることもあります。
良性腫瘍にはほかに、子宮内膜かそれに似た組織が卵巣や卵管などにできる子宮内膜症、子宮筋層に子宮内膜が入り込む子宮腺筋症などがあり、これらは子宮筋腫と合併して起こることが多いです。 悪性腫瘍では子宮頸がんや子宮体がんがあります。子宮頸がんは主にウイルス感染によって子宮の入り口にできるもので、子宮がんの約70%を占めます。かつては40、50代に多かったのですが、最近は20~30代に増えてきています。子宮体がんのほとんどは子宮内膜から発生し、比較的高齢者に多い病気です。

悪性腫瘍はもちろんですが、良性腫瘍も不妊のリスクがありますから早期発見・早期治療が求められます。また、いずれも不正出血がみられますので、閉経後や性交時に出血があったり痛みを感じたりしたら、婦人科を受診するべきでしょう。

症状

  • 過多月経
  • 月経困難症
  • 不妊症
  • 腫瘍感(しこりを触れる)
  • 圧迫症状(膀胱圧迫、直腸圧迫、骨盤圧迫)等

子宮内膜症

子宮内膜症は、初経後10代後半から発生する可能性があり、20~30代の女性によく見られる病気です。
子宮内膜症の原因については免疫異常、月経血が卵管を逆流して起こる逆流説が有力視されていますが、はっきりしたことは分かっておりません。 内膜症とは、もともと子宮内腔で生理をおこす子宮内膜という組織が、まったく違う場所に存在することによって、増殖発達していく病気で、良性ですが進行性の病気です。

症状

  • 月経困難症、生理痛
    子宮内膜症の症状のうち、最も多いのが生理痛です。生理中やその直前や直後に激しい下腹部の痛みや腰痛などがあります。
  • 下腹部、腰痛、排便時痛
    生理に伴う場合、生理以外でも症状が出る方もいます。排便時の痛み下血(排便時に出血)等もあります。
  • 性交痛
    性交時に痛みをともなうことがあります。
  • 月経過多
    生理の経血量が多くなり、血のかたまりが多量に出たり、ナプキンなどを頻繁に交換しなければならないなどいった症状が出ます。
  • しこりが触れる
    子宮腺筋症などでは、子宮が大きくなり、腹部前面に突出してくると堅いしこりを確認できることもあります。
  • 不妊症
    不妊症の約50%に子宮内膜症が存在するといわれています。症状がないにも関わらず、知らない間に子宮内膜症が進行している場合もございます。
pagetop