当院はご予約の方を優先しておりますが、完全予約制ではありません。〈WEBより簡単にご予約頂けます〉

MENU

自由診療

Free medical care

Free medical care自由診療

各種予防接種や、疲労回復効果のあるビタミン注射や、更年期障害の諸症状等を緩和させるプラセンタ注射を行っています。

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは結婚前に限らず、妊娠や出産を控えた女性を対象とした婦人科系の検診です。初期症状に気づきにくい婦人科系トラブルの早期発見と治療がメリットです。「ブライダル」という名称がついているため、結婚式前にすべき検査だと思われがちなのですが、結婚してからも、もちろん検査を受けることは出来ます。
ブライダルチェックの対象者は妊娠や出産を考えている人で、年齢や結婚の有無も関係ありません。

ブライダルチェックの主な検査内容

最近は妊娠年齢が高くなっていて、下記に含まれるような病気を合併している女性が見られます。妊娠中の検査や治療には制限がありますので、妊娠前にチェックしておくことをおすすめいたします。

  • 問診
    月経の周期や状態など、また既往症やアレルギー、感染症などをお伺いします。ご自身で気になることがあれば、遠慮無くご質問ください。
  • 内診
    外陰部や腟内を視診します。また子宮や卵巣の状態を触診で調べます。
  • 血液型(ABO、Rh)検査(血液検査)
    血液型は間違って記憶している場合もありますから、きちんと調べておきましょう。
    手術時の輸血事故や血液型不適合による新生児溶血性疾患(母体の血液中の抗体が胎盤を通じて胎児に移行し、胎児の赤血球が破壊されることによって起こる病態)などを引き起こす危険もありますので、手術や妊娠前には欠かせない検査と言えます。
  • 風疹抗体検査(血液検査)
    風疹ウイルスの免疫の有無を調べる検査です。
    妊娠初期に風疹にかかると、胎児に感染してしまう可能性があります。重症になると、心臓奇形や聴力障害、白内障、発達障害などの先天性異常が起こることがあるため、赤ちゃんを望まれる方は、ぜひ一度検査を受けて確認しておきましょう。
  • 梅毒検査(血液検査)
    梅毒はトリポネーマ・パリーダムという微生物による性感染症です。
    最近、潜在的な感染者が増えていると言われます。
    性交だけでなく、胎盤を通じて胎児に感染することもあるので、妊娠前には欠かせない検査になります。
  • HBs抗原検査(血液検査)
    B型肝炎ウイルスの感染を調べる検査です。分娩時の母子感染を防ぐために欠かせない検査と言えるでしょう。
  • HCV抗体検査(血液検査)
    C型肝炎ウイルスの感染を調べる検査です。慢性肝炎を発症し、肝硬変から肝臓がんへと移行する可能性がありますので、感染者は規則正しい生活を心がけるとともに、定期的な医学的管理を行うことが大切です。
  • HIV抗体検査(血液検査)
    HIV(エイズ)の感染の有無を調べる検査です。
  • クラミジア抗体検査(血液検査)
    過去のクラミジア感染の既往を調べる検査です。陽性であれば、知らないうちに卵管の狭窄や閉塞など、不妊の原因が存在している可能性があります。
  • クラミジア抗原検査(分泌物検査・尿検査)
    最近急増している性感染症で、現在かかっているかどうか、他人に感染する可能性がある状態かどうかがわかります。主に性交により感染しますが、知らないうちに感染していることもあります。合併症を起こすと、子宮頸管炎や卵管炎を引き起こして、不妊症や異常妊娠の原因になることもあるので、注意が必要です。
  • 超音波検査(子宮・卵巣)
    子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮の病気や卵巣の病気が無いか、また子宮や卵巣の発育状態や妊娠が可能かどうかなどを調べます。
  • 子宮頸がん検診
    子宮頸がんは20~30歳代の女性に多く、HPVというウィルスの感染が原因で、発症することが明らかになっています。そのためウィルス感染の早期発見をすることで早めに対策を立てることができます。

避妊相談

以下のような方法で「避妊」のためのピル処方をいたします。

低用量ピルの効果

低用量ピルの避妊効果はほぼ100パーセントで、しかも非常に安全です。以前、低用量ピルの服用により、乳がんが増える可能性が指摘されていましたが、現在は否定されています。
それどころか、卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクを減少させる作用も知られていますし、月経困難症、過多月経、子宮内膜症、不規則な月経周期などにも効果があります。

また、将来の妊娠に悪影響を及ぼすこともありえません。さらに、よく耳にする体重増加の懸念も不要です。ただ、まったく副作用が無いわけではありませんが(いちばん懸念されるのは血栓症のリスクです)、当院では服用禁忌(服用してはいけない条件)に触れないかどうかをよく考慮しながら、慎重に処方しておりますので、ご安心ください。

低用量ピル処方

低用量ピルは経口避妊薬のことで、性交渉による妊娠を防ぐことが可能です。ピルには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンに似た成分が配合されていて、服用すると妊娠したときと同じホルモンバランスになるため、脳が「妊娠した」と勘違いをして排卵が止まるので、きちんと服用すればほぼ100%の確率で避妊ができます。

また、排卵を人工的に抑えることができるため、避妊以外にも生理不順や月経前症候群の改善・子宮内膜症・子宮体がんなどの治療に使われるケースもあります。

アフターピル(緊急避妊薬)

避妊をしなかった、コンドームが破れた、レイプをうけたなどの性行為後に緊急措置として行う避妊方法です。
詳しくは当院までお問合せください。

  • 性行為後72時間以内の服用が有効です。(72時間後以降は効果が低下します)
  • 緊急避妊薬は胎児奇形や将来の不妊の原因にはなりません。

料金表

※記載がない場合には初再診料が別途かかります。
※全て税別表示です。

自費初診料 3,000円
自費再診料 1,300円
子宮頚がん検診 5,000円
子宮内膜がん検診 7,000円
子宮頸、内膜がん検診 9,000円
経膣超音波検査 5,000円
子宮頚がん検診+経膣超音波検査 8,000円
ブライダルチェック(妊娠前検診) 24,000円
レディースドック 25,000円
50代〜更年期レディースコース 20,000円
風疹抗体価検査 3,000円
ムンプス抗体価検査 4,000円
水痘抗体価検査 4,000円
麻疹抗体価検査 4,000円
麻疹、風疹、水痘、ムンプス抗体価検査セット 13,000円
風疹、麻疹、ムンプスワクチン 各6,000円
水痘ワクチン 8,000円
子宮頸がんワクチンガーダシル3回セット 50,000円
ピル初回指導料 3,000円
低容量ピル処方(純正品)
※診療がない場合再診料は必要ありません
3,000円
低容量ピル処方(ジェネリック)
※診療がない場合再診料は必要ありません
2,500円
ピル服用者定期採血 3,500円
ピル服用者定期診察、子宮がん検診 5,000円
ピル飲み方相談(ネット購入対象) 5,000円
アフターピル緊急避妊薬ノルレボ 12,000円
アフターピル緊急避妊薬レボノルゲストレル 10,000円
IUDノバT初回挿入 35,000円
IUSミレーナ挿入 55,000円
IUSミレーナ抜去 11,000円
IUSミレーナ交換、超音波込み 60,000円
月経移動、相談料(薬処方込) 4,500円
妊娠による初診(初診料、検査料を含む) 10,000円
妊婦健診
※町田市、東京都、横浜市、大和市ほか各種妊婦検診補助券をご利用いただけます。
梅毒検査(TPHA、RPR) 4,000円
HIV検査 4,000円
梅毒検査(TPHA、RPR)+HIV検査 7,000円
HPV型判定検査 20,000円
B型肝炎、C型肝炎検査 7,000円
梅毒検査(TPHA、RPR)+HIV、B型肝炎、C型肝炎検査 11,000円
クラミジア淋菌帯下培養検査 4,000円
性感染症検査①
(トリコモナス、クラミジア、淋菌、一般細菌、カンジダ)
6,000円
性感染症検査②
(①+梅毒及びHIV検査)
10,000円
性感染症検査③
(②+B型肝炎、C型肝炎検査)
13,000円
性感染症検査④
(③+クラミジア及び淋菌咽頭培養検査)
15,000円
タイミング指導料 1,000円
基礎体温指導料 1,300円
超音波検査による卵胞チェック 2,500円
卵管通水検査 8,000円
人工授精 20,000円
セカンドオピニオン(20分毎)(診察料別) 10,000円
プラセンタ注射1アンプル 1,500円
プラセンタ注射2アンプル 2,000円
プラセンタ注射2アンプル10回セット 17,000円
プラセンタ内服5日分 3,700円
にんにく注射(疲労回復) 2,000円
ビタミンBC注射(美肌) 1,800円
カクテル注射(美肌疲労回復) 3,000円
ビタミンC高濃度点滴 5,000円
pagetop